読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Githubの有料プランやめてBitbucket使うことにした

PublicなGitリポジトリを管理するならGithubでいいと思う。
でもどうしてもプライベートなリポジトリを作りたくなったら、Githubではprivateリポジトリを作るには有料プランじゃなければ*1ならない。
Githubの有料プランは結構強気で、月に7ドルでprivateリポジトリ5個とそれにアクセスできるコラボレーターを1人作れるが、この値段でこの機能だと、自前でさくらVPSでも用意した方がいいんじゃないだろうか。
そこで、Bitbucketでprivateリポジトリの管理をすることにした。
UIとかの面ではGithubの方が優れているのは認めるけれど、僕が求めているのはリポジトリとしての機能だけなので、無料でprivateリポジトリを使えるBitbucketで十分だ。
ちなみに、Bitbuketの無料アカウントはpribateリポジトリ作り放題、5人までのコラボレーター登録可能、となっている。

*1:学生であることをGithubに証明できれば作れるようになるけど、僕は落とされた