読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長い長い殺人

財布が一人称。 刑事の財布、死者の財布、犯人の財布、などなど。 各章さまざまな財布が語り手となって物語の輪郭が少しずつ描かれていく。

という嗜好を凝らした作品なのだが、はっきり言って財布に語らせる必然性は無かったような。。。

それはさておき、巻末の解説で『火車』が大絶賛(長い長い殺人の解説なのに)されていたので、機会を見てそちらも読みたいと思う。

長い長い殺人 (光文社文庫)

長い長い殺人 (光文社文庫)