読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疑問の表明

どんな些細な疑問でも、尋ねられたなら真摯に向き合いたいと思う。

しかし、それはその人の代わりに考えてあげるということであってはならない。

自分の頭で考えたのでなければ、その疑問が真の氷解を迎えることはないはずだ。

 

これはそのまま自分の態度にも通じるところである。

疑問の表明は以下のようにすべきだ。

「私はこうだと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか」