読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教師付き学習のすすめ

分からないことがあっても質問しない人は多い。*1
何故質問しないのかと尋ねたら

分かってないのが自分だけだったら恥ずかしい。
後で自分で調べるから別にいい。

と言う。確かにその気持は分かる。とても良く分かる。
でも僕は分かってないのが君だけなら、そこで聞かなければますます差が開くぞと言ってやりたい。
小中高大と、何時だって聞けば教えてくれる先生がいた。
それがあまりに普通だったから、僕はそういった人々がいることの意味を深く考えてこなかった。
だが、最近になって誰かに何かを教わる*2、ということがめっきり少なくなってきていることに気がついた。
そして、大抵のものがそうであるように、失いかけて初めてその大切さが分かってきた。
自分より明らかに前を行く人に質問できるという環境はとても貴重だ。
僕には知りたいことが山ほどあるが、自力で山頂まで登り詰めるには時間が圧倒的に足りない。
いずれは単独登山になるとしても、行ける所まではガイドさんについていけばいいじゃないか。
ほら、あなたも恥ずかしがってる場合ではないのではないですか?

*1:僕のことですね。わかります。

*2:直接口頭でという意味