読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道は開ける

道は開ける 新装版

道は開ける 新装版


デール・カーネギーの「道は開ける」を読みました。
この本を知ったきっかけは小宮一慶さんの『ビジネスマンのための「読書力」養成講座』という本でした。この本の内応自体はあまり参考になりませんが、巻末にある小宮さんのオススメ本はかなり参考になります。
ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)

ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)


閑話休題
「道は開ける」の話に戻ります。
本書を貫いているメインテーマは「悩みの実態とそれを克服する方法」で、多くの人が実際にどのようにして悩みを克服してきたかを示しながら、とても分かりやすく悩みに対する処方箋を読者に与えてくれる良書です。この本は、本編が始まる前に『本書から最大の成果を得るための九ヵ条』というコーナーが設けられているのですが、この九ヵ条は「道は開ける」に限らず、読書を通じて何かを学ぼうとするなら必ず役に立つだろうと思われる指針となっています。なので、この部分だけでも「読書法の一種」として一読の価値があります。
で、この本を読んでいて最も僕が面白いなーと思ったのは『憂鬱な気分になりやすい人は、毎日どうしたら他人を喜ばすことができるかを考えればよい』という主張でした。カーネギーは(この部分はアドラーの『人生の意味』という本が元ネタのようですが)他人を喜ばせようとすることで『自分自身について、つまり悩み・恐怖・憂鬱症の根源となっているものについて考えなくなる』ため憂鬱な気分は治ると言っています。例えば、道端で犬の散歩をしている人とすれ違った時、一言その犬のことを褒めてみる。すると、きっと飼い主は嬉しい気分になって飼い犬を褒める。犬も飼い主も嬉しいけれど、それ以上に自分も嬉しい気分になる。これこそまさに『情けは人の為ならず』ですね!本書の中ではこのことを中国のことわざを引用して『バラを献じたる手に余香あり』と表現しています。『他人に幸せを贈る人は、自分も幸せになる』ということで、全人類がこのように行動したらどんなに平和な世の中だろうかと、そんなことを思いました。

書き込み

p1-p42
『過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の区切りで生きよう』
http://realbm.com/users/taka84u9/record/7/

p27
『明日の準備をする最良の手段は、諸君の全知全能を方向け、あらゆる熱情を注ぎ、今日の仕事を今日中に仕上げることであると説いたのだ。これこそ未来に対して準備を整える唯一の方法と言えるだろう。』
http://realbm.com/users/taka84u9/record/5/

p29-p30
『良い考え方(今日を生きる)をすれば、因果関係を見極めることができ、論理的で建設的な計画が得られよう。一方、悪い考え方(明日を心配)をすれば、緊張と神経衰弱に陥るのだ。』
http://realbm.com/users/taka84u9/record/6/

p43-p53
悩みを解決するための魔術的公式。一、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。二、やむをえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。三、それから落ち着いて最悪の状態を好転させるよう努力すること
http://realbm.com/users/taka84u9/record/8/

p74
事実を明晰な客観的態度で眺めようとするのに役立つ二つのアイディア。
一、事実を把握しようとする場合に、情報集めは自分のためではなく、誰か他人のためなのだと思うようにする。
二、自分を悩ましている問題について事実を集めている間は、自分を自分の反対側にたって反論しようとしている弁護士と見なし、反論を加える準備をしているつもりになる。
http://realbm.com/users/taka84u9/record/9/

p117-p126
「記録を調べてみよう」。そして、こう自問するのだ。
「平均値の法則によると、不安の種になっていることがらが実際に起こる確率はどのくらいだろうか?」。
http://realbm.com/users/taka84u9/record/11/

p183
「いわゆる禍いの多くは、それに悩む人の心の持ち方を、恐怖心から闘志に変えるだけで、祝福されるべき力強い幸せに変換できる。」ウィリアム・ジェームズ
http://realbm.com/users/taka84u9/record/19/

p241
自分が損失から利益を生み出せている気がしない。
「人生でもっとも大切なことは利益を活用することではない。それならバカにだってできる。真に重要なことは、損失から利益を生み出すことだ。このためには明晰な頭脳が必要となる。ここが分別ある人とバカ者との分かれ道だ。」
http://realbm.com/users/taka84u9/record/20/

p250
一日一善
「善行とは他人の顔に換気の微小をもたらす行為である」
http://realbm.com/users/taka84u9/record/21/

p1-p442
読了。色々な方面で良書として紹介されているだけのことはある。具体例に無理矢理感が無いのが良かった。
http://realbm.com/users/taka84u9/record/22/

Powered by RealBookMark