読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猿とカエル

我が家の階段に鎮座する猿とカエル

シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜

天才的な料理の腕前を持つが、あまりに完璧主義なので周囲との衝突が絶えず、直ぐに首になってしまう男と、数十年に渡り三ツ星レストランの星を守ってきたが、時代の流れに取り残されつつある男の物語。 今月末で期限が切れる京都シネマの招待券を消化するた…

半落ち

アルツハイマーに苦しむ妻を殺した警察官が頑なに黙秘する事件後2日間の秘密。 面白かったけど、そこまでして隠さなければならないようなことなだろうかと思ってしまった。 半落ち (講談社文庫)作者: 横山秀夫出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/10/03メ…

長い長い殺人

財布が一人称。 刑事の財布、死者の財布、犯人の財布、などなど。 各章さまざまな財布が語り手となって物語の輪郭が少しずつ描かれていく。 という嗜好を凝らした作品なのだが、はっきり言って財布に語らせる必然性は無かったような。。。 それはさておき、…

三文人やわらか問答

京都橘大学で行われた「三文人やわらか問答」に出席してきた。写真は向かって左から綿矢りさ氏、万城目学氏、そして、森見登美彦氏。 文章を書く人の頭の中というのはこのようになっているのだなとひとしきり関心すると共に、御三方が共通して知っている(が…

kyoto.js #3 で "Detecting Memory Leak" という発表をしました

麺屋◯竹

寮の同部屋の住人と連れ立って御所の南にある麺屋◯竹に行ってきた。 元々ラーメン屋だったのが、気がついたら精肉店◯竹になって、ぱっと見は完全にお肉屋さんになっており、店の奥にひっそりとかかった麺屋◯竹の、その更に奥でラーメンを提供している。 中華…

Cafe Violon

清水道のバス停から西に100mほど行った所にある Cafe Violon に行ってきた。昼食にオムライスを頼んだら「これぞ喫茶店のオムライス!」といった感じの佇まいで、しかも非常に美味しかった。食後の水出しコーヒーも美味しかった。内装とかに関して言うならば…

神戸ルミナリエとにしむら珈琲

毎年行こう行こうと思いつつ一度も行っていなかったから神戸ルミナリエに行ってきた。 阪急河原町駅から電車に揺られて1時間強で三宮駅に行けるわけだが、金券ショップで切符を買ったら片道400円だった。安すぎてびっくりした。 平日だったこともあってルミ…

忘年会の季節

「2012年はめっちゃ充実してたし、忘れたくないから忘年会参加しません」というのは欠席理由としてアリだろうか

伊藤珈琲と大徳寺と男爵

早朝に大徳寺に散歩に行った。朝の京都は観光客がいないくて観光していて楽しい。 その時に朝食を取ったのが伊藤珈琲。朝の7時から営業していた。 シナモントーストが美味しかったから、家でも作りたい。 ちなみに場所は北大路烏丸東入ルの北側 大徳寺はぎり…

一体いつ何処で読んだのかも忘れてしまったのだけど、とある人が人生の目標について語っていた。ウル覚えで恐縮だが、氏曰く「このあと自分の年になった人が楽しく過ごせるような、いまの自分でありたい」。 どういうことかと言うと、仮に彼が35歳だとして、…

はてなブックマークはディレクトリ型検索サービスに似ている

今でこそ Yahoo! は Google と同じようにロボット型検索サービスを提供しているが、 David Filo と Jerry Yang が Stanford の学生だった頃に最初に提供していたのは Jerry が Web サーフィンをして見つけた面白いサイトへのリンクを階層的に分類して提供す…

苦労は売らない限りしない

この話の前提には、好きなことに対する苦労は苦労であって苦労でない、というのがあると思ってほしいのだけど、自分は極力苦労したくないと思っている。世の中には自分と同じ苦労をしなくていい人の存在を認められない人というのが(おそらく日本には特に)…

kyoto.js #2 で "Write Once Loadable Anywhere" というLTをしました

例えばジブリの音楽を聴いていてふと昔が懐かしくなったりするのは、ジブリ作品が自分の幼き日に大きな存在感を持っているからだと説明ができる。けど、菊次郎の夏なんて見たこともないし特に何か大きな関わりを持っていたわけでもないけどsummerを聴くと胸…

ネコ型イヤホンジャックカバー届いた。かわえぇぇ!!!!!

アオゾラ

京都大学の近傍、百万遍交差点にある「アオゾラ」はタイカレーのお店。 なにげにあの付近はカレー屋さんが多いが一番美味しいのはここ

BSDで画像を並列リサイズする

【ひとりStartMac】 ターミナルから画像を一括リサイズする方法 | IDEA*IDEA xargs -P が激しく便利なのでメモ - おともだち革命 Mac で画像をリサイズする方法と、それを並列処理する方法のエントリが同時にホッテントリしていたので記録する。 % ls | xarg…

昨日ベッドに横になってぼんやりと考えていたイメージ。 出発点に立っている。 自分を囲むように同心円状に壁が幾層にも打ち立てられている。 壁を壊して進んでいくが、どの方向に進むのも自由。 ある一定の方向に進んでもいいし、複数の方向に分散してもい…

最近の気分を、とても抽象的に表現するなら 放射状に伸びる足あと 自分だけが歩きだせずにいる 京都大好きだし、願わくばずっとここにいたいと思っていたけど、このイメージを生み出す最大の要因が「独り京都に残っている」という状況にある気がしてならない…

火裏蓮花

姉小路通柳馬場通上ルにある「火裏蓮花」に行ってきた。込み入った道の奥にひっそりとあって、偶然見つけるのは至難の業だろう。お店の雰囲気がとてもよかった。市街地方面にあるカフェの中では今までで一番かも知れない。

HatenaBlogPro&独自ドメインにしてみた

個人用途のドメインを取得したし、せっかくだからこのブログを独自ドメインにしてみた

Chromeで新しいタブを開いて検索するショートカット

今まで Ctrl-t で新しいタブを作成 検索バーにクエリを入力 Enter としていたが いきなり検索バーにクエリを入力 Ctrl-o とすると新しいタブを開いて検索できることに気が付いた。便利

一神堂

河原町丸太町下ルにあった一神堂が復活していたから行ってきた。店の雰囲気は変わっていなかったけど、お品書きや店員さんがガラっと変わってしまっていた。そして店内には「一神堂そばは3月末をもって閉店しました」の文字が。 それはそれとして、塩白湯麺…

ask a giraffe

京都は烏丸御池の近く新風館の ask a giraffe。ロイヤルミルクティー頼んだら、ティーポットにたっぷり2杯分出てきた。京都はカフェが多くて楽しい

すごく今更ではあるけどinstagram連携機能便利だ

コーヒーミル買った

朝からコーヒ豆をコリコリコリ

その科学が成功を決める

久々に読んだ その科学が成功を決める作者: リチャード・ワイズマン,木村博江出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2010/01/26メディア: ペーパーバック購入: 24人 クリック: 479回この商品を含むブログ (91件) を見る 今となっては恥ずかしい思い出話だが、い…

恋愛は地球語

カンボジアの孤児院で学ぶ孤児達と触れ合ってきた人の簡単な体験記を読んだ。簡単に要約すると、最初は話が弾まなくて困ったが、ふと恋愛の話になって(孤児達は10代後半の女子学生)一気に盛り上がったのだとか。 思い出してみると、シンガポールにしろマレ…

推理作家ポー 最期の5日間

初の推理小説と言われる「モルグ街の殺人」などの著者として知られるエドガー・アラン・ポーの数奇な最期を描いた作品「推理作家ポー 最期の5日間」を観てきた。 ポーの作品を模倣した犯罪が発生し、ポーがその犯人を追っていく、という物語。 予告編が凄く…

朝起きて昼になって気が付いたら夕方になっていた

バーナム効果というのがあって、簡単に言うと「誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分だけに当てはまる正確なものだと捉えてしまう心理学の現象(by wikipedia)」のことらしい。簡単な話が占いのネタバレみたいなもんだ。 例えば「…

図書館戦争シリーズ

国民が政治に無関心な間に通過したメディア良化法を背後にメディアに対する言葉狩りの権利を得た国家権力と、唯一それに抗うことができる図書館の間の抗争の話。 あっさりしたものを読みたくなって手に取った。 (読んだことないけど)ライトノベルっぽかっ…

ビブリア古書堂の事件簿

極度の人見知りだが本のことになると異常に饒舌になる古書店の店長と、祖母の本棚を勝手にあさった事を厳しく叱られたことがトラウマになって活字を読めなくなった青年の物語。 4時間くらいで読めた。 全4章構成で各章1冊の古書を巡るちょっとしたお話が展開…

少年らしさ

少年の心を失ってない人がいい と言う人がたまにいるけど、この年になって分かってきたのは、大人になっても少年の心を失う人はいなくて、ほとんどの場合主に外的な理由でそれを隠して生活しているだけ。世間一般的に少年の心を持ち続けていると評される人は…

常秋

秋が来るたびに今年はスポーツの秋にしようとか、読書の秋にしようとか考えるんだけど、やりたいこと多すぎるから、今年は秋満喫の秋にする。満喫しよう、秋

イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ (文春文庫)作者: 乾くるみ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2007/04メディア: 文庫購入: 49人 クリック: 537回この商品を含むブログ (385件) を見る 一見変哲もない青春ラブストーリーに見せかけて、その裏では巧妙なトリックが隠さ…

三匹のおっさん+阪急電車

三匹のおっさん (文春文庫)作者: 有川浩出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/03/09メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 36回この商品を含むブログ (71件) を見る 久々にミステリーじゃない小説を読んだ。そもそも読もうと思ったきっかけは研究室の教授に薦…

Googleサマーインターン参加してきた【ステマ】

Googleのサマーインターンに参加してきました。 書けることは多くはないけど、来年以降誰かが読むことを期待してざっとまとめてみる。 選考過程 選考ではレジュメを提出した後に何回か技術的なインタビューがあった。僕の場合は2回くらいだった気がする。技…

初Jリーグ観戦

埼玉スタジアムで行われた浦和レッズ対ガンバ大阪戦を観てきた。レッズといえば熱狂的なサポーターが有名。今日も入場者数4万3000人近かった。試合はまさかまさかの0対5の大敗。試合後はブーイングが凄まじかった。 ともかくサッカー観戦は非常に面白いとい…

分かりやすく説明できること

分かりやすく説明する人というのは、分かりにくくしている箇所を省略して説明出来る人のことだ。そして、たいていの場合その省略箇所にはその人にとって不都合な話題が含まれている。 「技術者は分かりやすく伝えるべきだ」とか「本当に頭が良い人は分かるよ…

さまよう刃

さまよう刃 (角川文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング発売日: 2008/05/24メディア: 文庫購入: 13人 クリック: 99回この商品を含むブログ (270件) を見る一人娘を強姦の末に殺害された中年男性が、犯人に復讐する話。 犯人は少年…

ManUのfacebookアカウントが日本語のポストもしている

Manchester Unitedの公式facebookアカウントを購読してるんだけど、最近ふとした折に日本語のポストを見かける。当たり前だけど、これら日本語のポストは香川選手に関する話題が多い。 このアカウントは世界で2700万以上の人がLikeしているアカウントなので…

数学の英語表現を学ぶには「Help Your Kids With Maths」が結構いい

Help Your Kids With Maths作者: Carol Vorderman出版社/メーカー: Dorling Kindersley発売日: 2010/07/01メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る 技術的な話題を英語で説明しないといけない機会がそれなりにあるのだけど、特に数学の英語表現…

約束

相手から言われた約束をどれだけ守っても、相手の信頼を得る事はできなくて、どんな些細な事でも自分から約束して、そして約束を果たすことが大事なんだと思う。 できる人なんだけど、自分から何も行動しない人を見ていてそんなことを思った

実践デバッグ技法

実践 デバッグ技法 ―GDB、DDD、Eclipseによるデバッギング作者: Norman Matloff,Peter Salzman,相川愛三出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2009/06/08メディア: 大型本購入: 9人 クリック: 193回この商品を含むブログ (28件) を見る GDBの使い方を…

LAGQ

LAGQ Quiccan by Andrew York向かって左から Andrew York John Dearman Scott Tennant William KanengaiserAndrew Yorkはギタリストというよりは作曲家としての名声の方が高く、氏の作曲したSunburstを村治佳織さんが演奏しているのを聴いて、ギターを辞めよ…

ロマンスカー

初めてロマンスカー(小田急線の有料特急)に乗った。ロマンスカーというと僕は小学校の頃のことを思い出す。 教室の南側の窓から小田急線が走っているのがよく見えた。別に電車が好きということもなかったが、一般車両とは色も形も異なるロマンスカーが走っ…

叱られることをポジティブに受け止める

「私は真性のMなんです!」 と力強く主張する女の子と話をした。曰く 「出来てないことがあったら、きちんと叱って欲しい。それでできるようになったら褒めて欲しい。叱られた時は凹むけど、後になると叱られてよかったって思えるから」 こういう風に叱られ…