読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯言

他人の意見に振り回されないように気をつけていること。

深く知れば知るほど、身の回りで起きていることがそう簡単には割り切れるものじゃないと分かってくるもの。 逆に「こうだ!」って言い切る人は、思慮分別に欠けていたり、そもそもそのことについて深い知識を持っていないことが多いように感じる。 言い切る…

思ったことを文章にするのって難しいよね。

長文を書いてる人とか、頭の中どうなってんの?って聞きたくなる。 というか、僕の場合書いてる途中でどんどん議論が頭の中で進んで行って、気がついたらまったく別のことを考えてて 『あー今書いてるのはちょっと違うな』 ってなって、結局書き直すことが多…

意外と知られてないけど、PrimoPDFは超便利なフリーソフトだよ

PrimoPDFって知ってますか? ダウンロード⇒http://www.forest.impress.co.jp/lib/offc/document/pdf/primopdf.html こいつはWindows用のフリーソフトなんですが、超便利なんで、Windows使ってるなら絶対に入れた方がいいと思うよ。 どこら辺が便利か こいつ…

人生のTodoリスト

知人が書き記していたものを備忘録として記す。 Todoリストを短期中期長期にして、 長期のやつも毎日確認すること。 重要だけど緊急でないことをおろそかにしないこと。 っていうか、何が重要かを認識しておくこと。 風呂とトイレを毎日きれいに保つこと。 …

影響が及ぶ範囲に注力する

ミクシイに久しぶりに日記書いた。で、せっかくだしこっちにも転載。 GWを満喫しているマイミクのみなさん、こんにちは。 お久しぶりです。元気ですか? さて 長い学校生活の中で忘れられない出来事って沢山ありますよね。 何かに熱中した記憶だったり、何気…

変貌−エクステンション−

昨日新幹線で京都から実家のある神奈川に帰ってきました。 その道中、隣に同年代の女性が座りました。化粧毛のあまりない、ショートヘアの女性だったのですが、着席するなりおもむろにカバンから化粧品を取り出してメイクを始めました。僕はこの人がどんな感…

「Launch cafe at 京都大学」に参加してきた。

先日京都大学の時計台で開催されたLaunch cafe at 京都大学に参加してきました。 http://sites.google.com/site/thelaunchcafe/announce/launchcafeatkyoutodaigaku 参加者が事前に考えてきたアイデア(=シーズ)を発表し、それについて議論しアイデアを深めて…

RealBookMarkを作った理由の一つ

RealBookMarkを作った理由はいろいろあるのですが、その中の一つに「他の人はどこに注目して読んだのかを知りたい」という動機があります。同じ本を読んでも感じ方は人それぞれです。なのに既存のサービスは本全体のレビューばかりで、「何ページの○○がよか…

それの渦

早くも大学院生活の48分の1が終了しました(ぇこの間に研究室にB4がやってきて、修士に新しい友達が沢山できて、狙ってたIT Keysに落ちて、その代わりIT Spiralという先進的スペシャリスト育成プログラムというのに通りました。http://it-spiral.ist.osak…

デザイン力が欲しい

こんにちは。本日RealBookMarkのユーザのTwitterアカウントの設定をOAuth経由に変更しました。この変更により、RealBookMark上で他人のTwitterアカウントになりすますことができなくなりました。地味な機能ですが、こういうのって意外と大切だよな、と思う今…

RealBookMarkに書き込み出力機能を追加してみた

RealBookMarkに、本に対しての自分の書き込みを出力する機能を実装しました。この日記は、そのテストも兼ねています。 現状、出力形式は「html」と「はてな記法」に対応。 出力内容はこんな感じ [asin:4492554998:detail] **書き込み >> p3 EQは「人のOS」。…

速読について思うこと

世の中には色々な本の読み方がありますね 乱読 手当たりしだいに読みあさる 精読 じっくりと読む 重読 何度も繰り返し読む などなど。最近では「本はこう読め!」的な読み方指南本も多いですし。 ただ、そういった本では決まって 速読みたいな飛ばし読みは意…

偉大な人間になるには

多かれ少なかれ、人にはそれぞれに目指す人間像というものがあるんじゃないかと思います。 その人間像がどういったものなのか、言葉で表現するのは難しいけど、とにかく胸の内に秘めた目指す姿ってのはあるんじゃないでしょうか。 少なくとも私にはあります…

中国とか韓国とかが嫌いだって言う人について思うこと

高校時代の話なんですがね。 高2の時北海道に修学旅行に行ったんですよ。で、途中札幌市内はグループ行動ってことになって、クラス内で適当にグループ作って色々回ったんです。私は友達とスキーのジャンプ台とか観に行ったりして、まぁ、それなりに楽しかっ…

政治家のTwitter利用について思うこと

政治家がTwitterアカウントを開設する事例が増えてますね。 その一方で「私はTwitterやりません(キリ」とか言い出す政治家もいますね。 別に誰が何やろうが個人の自由でしょう。政治家は国民の奴隷でなければいけないとしても、四六時中仕事するわけじゃないん…

アイデア力を鍛える方法

真の意味で“新しい”アイデアというものは存在しない。 一般に“新しいアイデア”、“斬新なアイデア”と呼ばれるものは、既存のアイデアの新しい組み合わせや見方に過ぎない。 という様な主張は、よく目にする。この本でもそんなことが書いてあったと記憶してい…

選択と集中

あれこれ手を出した挙句の果てに、全てが中途半端な結果に終わることだけは避けたい。 だから選択と集中。 やらなきゃいけないことをしっかりやって やらなくてもいいことを極力やらずに やりたいことに持てるエネルギーを集中的に投下する。 必要なことはそ…

今日の一言

中二病なう

今日の一言

無いものねだりしてる暇があるなら それを手にする努力をするか 手元にあるものが代わりに輝くよう 一生懸命 磨け

じゃんけんで確実に負ける方法

定理 「俺って超じゃんけん弱いんだよね」と先に宣言すると確実にじゃんけんに負けることができる。 証明 実際に上記のように宣言してからじゃんけんをしてみる。 1. 負けた場合 「やっぱりね!」と言えばよい 2. 勝った場合 「お前は俺がじゃんけん弱いと言…

茂木さんが講演でかなり良いこと言ってるからメモ

茂木さんの講演「いかに生きるか」 - My Life Between Silicon Valley and Japan 別に梅田さんのはてなダイアリーを購読してる訳ではないんだけど、たまたま久しぶりに立ち寄った時に上記の日記を読みまして。 ダウンロードした音声を飛行機の中で聞きました…

ファーブルと僕の馴れ初め

誰にでも“些細なことだが忘れられない記憶”というものがあるものだ。 日常生活で思い出されることは滅多にないが、ふとした瞬間にまるで不死鳥の如くありありと蘇る、そういった類のやつだ。 そんな“記憶”の一つを今日はお話しようと思う。 この記憶は特に僕…

本質的な部分を見誤ると馬鹿にされる

「こういう馬鹿は一生貧乏絶対金持ちになれない」というお題に対してのコメント(太字は私がつけました) 139 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2009/01/25(日) 08:51:27 ○足元に落ちている10円玉を必死で拾い、遠くにある1億円が見えない人 ○ポイント乞食…

一万時間の法則

あなたが3日坊主で終わる理由。あるいはメンヘル療法。 - teruyastarはかく語りき これ読みました。ホットエントリになってたから読んだ人も多いはず。 自分なりに要約すると 一時的にガツガツやっても効率悪いよ。 こつこつ続けるのが大事なんだ。(一万時間…

こないだのプロフェッショナル

今回の紹介されたプロフェッショナルの生き様が(再放送で観るの二回目だったんだけど)カッコよすぎたのでメモメモ。 築地市場マグロ仲買人の藤田さんの話。以下、今回の話の抜粋というか要約。 藤田の父は築地市場で小魚を扱う仲買人だった。大学卒業後、…

こないだのプロフェッショナル

紹介されてるプロフェッショナルの名前は忘れてしまったんだが(ごめんなさい)、とりあえず「海の報道カメラマン」と呼ばれる水中カメラマンの話だった。彼は30歳の頃から水中写真を撮っていて、茂木さんも学生の頃写真展に行ったことがあるそうだ。今はた…